ワンちゃんとお風呂に入ろう!

ワンちゃんを長い間お風呂に入れないと、強い匂いを発したり体にノミやダニが付いてしまったりすることがあります。そういったトラブル防止のためにも、定期的にワンちゃんの体を洗ってあげることが大切になります。ここではワンちゃんのお風呂の入れ方や頻度、注意点についてみていきましょう。

シャンプーの頻度はどのくらい?

ワンちゃんのシャンプーは月に1、2回くらいが望ましいとされています。こまめにシャンプーをしてしている方が清潔で良いと思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、あまり体を洗い過ぎると必要な皮脂まで洗い流す事になってしまい、愛犬の皮膚を傷めつけることになりかねません。弱った皮膚は、様々な皮膚病にかかりやすくなりますから頻度には注意しましょう。匂いが出やすいワンちゃんは、週に1、2回お湯のみで体をすすいであげましょう。シャンプー剤もペット専用の低刺激のものを選ぶようにしましょう。

シャンプー中の注意点

シャンプーの際は、シャンプー剤がワンちゃんの目に入らないように注意しましょう。指の腹やスポンジを使って優しくマッサージをするように全身をシャンプーします。シャンプー剤が残ると、皮膚トラブルにつながる可能性もあります。手を使いながら時間をかけてすすぎは念入りに行うようにしましょう。
シャワーの温度は、人間からすると少しぬるいくらいの37~38℃くらいが望ましいとされています。ワンちゃんは、迅速に体温調節ができないのでシャワーが熱すぎると体温が急速に上がり体力を奪ってしまうことがあります。水温が冷たすぎると風邪の原因にもなってしまうので、シャワーの温度には気をつけましょう。

シャンプーが終わったら

シャンプーが終わったら、タオルで優しく体の水分を拭きとってあげます。タオルドライの後は、ドライヤーをかけてあげましょう。水温と同様、ドライヤーの温度にも注意が必要です。熱過ぎない温めの風を手に当てながら、ゆっくりと時間をかけて乾かしてあげましょう。

愛犬の健康を考える!DOGhealthTOPへ